HOME>オススメ情報>カメラが撮影したイメージのカラーバランスを手軽に調整

手軽にカラーバランスを調整できる

カメラフィルム

デジタル方式のカメラを使用していると、撮影したイメージの色調が実物の色とは違っていると感じたことがあるのではないでしょうか。これは監視カメラや車載カメラなどに搭載されているイメージセンサーが持つ特性によるもので、これを修正しない限り自然な色合いに近づけることはできません。そこで開発されたのが色補正フィルターです。このフィルターをイメージセンサーの前方に装着することで、感度を人間の目に近づけることで自然な色合いにすることができます。通常はこのような色合いを修正する際には、独自にプログラムを開発して適用させたり、あらかじめ用意されているプリセットから選ぶといった方法がメインです。そうした手間をかけずにカラーバランスを適正なものに調整できることから、色補正フィルターは様々な場面で用いられています。

実際の色との差異を修正できる

カメラマン

カメラのセンサーが捉えた物体の色を補正することができるのが、色補正フィルターです。現在使われている多くのカメラでは、デジタル方式で画像を捉えるイメージセンサーを採用しています。センサーが捉えた画像データは正しい色調になるように分析した上でデジタルデータに変換されていますが、そのアルゴリズムによっては現実の物体の色とは違ったイメージとして捉えられてしまうこともあります。こうしたデジタルデータへの変換の際に生じる実際の色との差異を修正するために、色補正フィルターが用いられています。

装着するだけという利便性の高さ

カメラ

デジタル方式のカメラでは、採用されている変換アルゴリズムの品質によっては、物体の色が現実のものとは違ってしまうことがあります。色補正フィルターを使うと、このような色調の違いを修正することができるのがメリットです。もちろん色調の違いを修正するには、他に変換用のプログラムを追加するという方法もあります。しかしそれではシステムに余計な負荷がかかってしまい、リアルタイムな処理を必要とする場面では使えないかもしれません。色補正フィルターならばレンズの先に装着させるだけでよく、システムに負荷をかけることがありません。

広告募集中